中国最大の商品展示会「広州交易会」に出展しました

03 - 中国最大の商品展示会「広州交易会」に出展しました
毎年4月と10月に行われている、中国最大級のバイヤー(商品仕入れ業者)向けイベント「広州交易会」。2018年10月にWTAとしてここに出展してきたのでその報告をします。

そもそも広州交易会とは?

日本ではあまり知られていないのですが、中国の広州で毎年行われている商品展示会です。1957年から開始し、今年でなんと61年目の歴史ある催しで、世界210カ国から約20万人以上のバイヤーが集まる大規模なイベントです。

>>広州交易会のホームページへ

広州交易会に出展してきました!

01 - 中国最大の商品展示会「広州交易会」に出展しました
日本人は商品を仕入れに行くことが多いのですが、WTAではここに商品ブースを出し販売しています。(左:WTA代表山田社長 右:WTA講師田中社長)

この日のためにWTAの講師や生徒が総力を挙げて商品を作成し、50個以上のオジリナルアイテムがずらりと並んでいます。

ちなみに商品ブースを一つ出すための費用は300万円以上。決して安くはないですが、集まるバイヤーの数を考えると非常にリーズナブルであると言えます。

広州交易会でなんと10万個以上の発注が…!

02 - 中国最大の商品展示会「広州交易会」に出展しました
WTAのブースにも世界各国から様々な人が訪れました。
果たして商品は売れたのでしょうか…?

大丈夫です、予想を超えて話が入りました!

  • 中国のメイソウから3万個
  • アメリカの大手ファッション会社から3万個
  • 韓国、香港の会社3万個など

しかもこれは交易会当日だけの結果です。カタログを持ち帰ったバイヤーが交易会のあとに連絡をくれることも多く、現在進行形で各国からいろいろな商談が持ちこまれています。

各国の仕入れ担当者とパイプも繋がりました!

04 - 中国最大の商品展示会「広州交易会」に出展しました
今回の交易会で最も大きな収穫は“各企業の仕入れ担当者とのパイプ”です。

彼らから様々な要望が寄せられました。

「ここをこうしてくれたら買いたい」
「こんな機能を持った商品が欲しい」
「社内規定で〜〜ドル以下に原価を抑えて欲しい」

彼らの要望に沿った商品を開発すれば、大型発注の可能性がぐっと高まります。今後は彼らにいろいろな要望を吸収しながら商品開発を進めていきます。

広州公益会まとめ

今回の公益会は、売上はもちろん様々な実りのあるイベントでした。

今後も毎年2回、塾生のオリジナル商品を持って販売を続けていくので、皆さんもぜひ挑戦してみてくださいね。

03 486x290 - 中国最大の商品展示会「広州交易会」に出展しました