Amazonでよく売れる!ODM・OEM商品の作り方を大公開!

2018 - Amazonでよく売れる!ODM・OEM商品の作り方を大公開!
「自分だけのオリジナル商品を持ち、独占的に販売したい!」
物販をしていれば誰でもそう思ったことがあるでしょう。

しかし初めての場合は、どこから手をつけていいか分かりませんね。
まずはオリジナル商品を作る手段にはどのようなものがあるのか把握していきましょう。

OEMとODM

オリジナル商品にはいくつか種類があり、大まかに分けて”OEM”と”ODM”というものがあります。

OEM(Orignal equipment Manufactuar)は、オリジナルの付属品がついた製品、と訳せます。
大元のデザインは同じなのですが、ちょっとしたおまけが付いているような感じですね。

ODM(Orignal designed Manufactuar)は、そのままオリジナルデザインの製品、ですね。
こちらは1からしっかり開発をするような感じです。

どこからどこまでがどっちなのか、厳密に決まっているわけではありません。
人によってその定義は異なると覚えておいたほうがいいでしょう。

OEMについて

ロゴの刻印

a - Amazonでよく売れる!ODM・OEM商品の作り方を大公開!
既存の製品にオリジナルのロゴを刻印して売り出す方法です。
作り方は簡単で、中国から仕入れをする際に、工場へロゴ入れの依頼するだけです。

ロット数が多ければ引き受けてくれるので、手間はほとんどかかりません。

タグつけ

934c804b35b4f55e37ec65c0d47a04e7 - Amazonでよく売れる!ODM・OEM商品の作り方を大公開!
ロゴの刻印と同じような感じですが、製品そのものにはロゴを入れず、布製の小さなタグをつける方法です。布製品などで多く使われています。

刻印と違い、裁縫する機械と技術があればどこでもできるので、工場だけではなく仕入れの代行業者にお願いするとやってくれることもあります。

注意① 付加価値は上がらない

有名ブランドならいざ知れず、誰も知らない会社のロゴがついても誰も魅力に感じません。

そのためロゴを付けたからといって、売れ行きが伸びるわけではありませんので覚えておきましょう。

注意② 商標がないと意味がない

ではなぜロゴを入れるのか?それはAmazonの相乗り出品を防ぐためです。
仕入れ元の商品が同じでも、ロゴがついていれば少し違う商品になるので相乗りされにくくなります。

ただしそれでも相乗りされてしまった場合、基本的にAmazonは動いてくれません。

「ロゴがついているからうちのオリジナルだ!」と言っても対応してくれないことが多いです。

ロゴには商標登録が必須

OEMで相乗り対策をする場合、ロゴに商標を付けておくことが必須条件です。

商標があれば商標侵害で申し立てができるので、Amazon対応も素早く、完璧な相乗り対策になります。

ODMについて

さて次はODMの方です。こちらはOEMと違ってそれだけで相乗り防止にもなりますし、付加価値を増大させる効果もあります。

柄を変える

c - Amazonでよく売れる!ODM・OEM商品の作り方を大公開!
流行りの柄や色が分かっていれば、既存の商品にそれを使えます。
表だけではなく、裏地を変えるだけでも雰囲気はがらっと変わりますよ。

デザインを変える

2 - Amazonでよく売れる!ODM・OEM商品の作り方を大公開!
素人が1からデザインするのは無理があります。
ポイントは既存品を参考にしながら、デザインの一部分を変えることです。例えばポケットを多くつけるとか、ファスナーを増やすなどですね。

作り手がいろいろ考えすぎると大体は失敗するので、なるべくシンプルな変更にとどめておきましょう。

新しい付属品をつける

d - Amazonでよく売れる!ODM・OEM商品の作り方を大公開!
考え方は前述のやり方と同じで、携帯ケースにオリジナルストラップをつけたり、バッグの肩紐をオリジナルにしたりします。
このやり方の有利な点は、作るのは1種類でも汎用的に使える点(カバンの紐など)と、ものがいいとその付属品だけで売れることです。

また、説明書などであれば簡単に作成できるので、ものによっては比較的簡単にできます。

まとめ

オリジナル商品には様々な方法があります。

作る商品によって一番適した方法を使い、利益の出る商品をどんどん世の中に出してきましょう!

sam 486x290 - Amazonでよく売れる!ODM・OEM商品の作り方を大公開!