【中国ツアー】12月アリババの本社へ訪問 〜淘宝網でインタビューを受ける〜

04 - 【中国ツアー】12月アリババの本社へ訪問 〜淘宝網でインタビューを受ける〜

アリババの本社へ!

2018年12月に行われたアリババ本社訪問ツアーの様子をお伝えします。
来年のワールドトレードアカデミー(WTA)では、アリババ出品や訪問ツアーが本格化します!
そのため参加者のほとんどは運営スタッフでした。

普段は経験できない珍しい体験もありました(笑)

東京〜福岡のスタッフでまずはアリババ本社を訪問

01 - 【中国ツアー】12月アリババの本社へ訪問 〜淘宝網でインタビューを受ける〜
まずはアリババの本社を訪問です。

すっかり定位置となった、本社エントランスを入ってすぐの広場で写真をパチリ。
左から、

  • 横田講師(博多)
  • 山田翔吾講師(東京)
  • 山田社長(代表)
  • 田中社長(ODM特別講師)
  • 牧田講師(東京)
  • 定森講師(大阪)

来年2月から行われる半年間のセミナーは、この講師陣がメインとなり進んでいきます。

ちなみにみなさんが首から下げているものはアリババ本社の入館証です。
ただしこれ自体は目印のようなもので、ゲートをくぐる際には事前に登録した顔認証を用います。
こんなところでも最先端の技術が伺えますね。

アリババで3年連続1位の運営代行会社を訪問

03 - 【中国ツアー】12月アリババの本社へ訪問 〜淘宝網でインタビューを受ける〜
ワールドトレードアカデミー(WTA)で紹介しているアリババ販売の運営会社も訪問しました。
全国30ヶ所に支社を持ち、中国で最も販売力のある一流企業です。

代行をしている会社の一覧を見ると、誰もが知っている一流企業のロゴがずらり…
年間取引額はは1000億元を超えるそうです。

トップの売り上げをつくるには”プロ”に任せる!これが一番早い成功法則ですね。

淘宝網の本社も訪問 社内メディアのインタビューを受ける

02 - 【中国ツアー】12月アリババの本社へ訪問 〜淘宝網でインタビューを受ける〜
淘宝網の本社も訪問し、1階の物販ブースを見ていたらなぜかインタビューを受けることに!
聞けばアリババグループには社内メディアが存在していて、そのビデオを作成している最中だそうです。

従業人が数千人を超える大企業だからこそ、そういったものも必要なんですね。

淘宝網本社の会議室で夜遅くまでミーティング

06 - 【中国ツアー】12月アリババの本社へ訪問 〜淘宝網でインタビューを受ける〜
もちろんミーティングも念入りに行います。
2019年からは、

  • アリババへの出品
  • 各種交易会への出品
  • アリババ本社訪問ツアー
など、様々な事業が本格化していきます。

2月からはそのためのセミナーも始まるため、夜遅くまでじっくりと話し合いをしました。

「日本の素晴らしい商品をもっと世界に出したい」
そんな思いがお互い確認し合えるようなミーティングでした!

アリババ 本社ツアー 参加者の感想

05 - 【中国ツアー】12月アリババの本社へ訪問 〜淘宝網でインタビューを受ける〜
今回、本当に驚いた事…‼️
いや。凹んだ事かもしれません。

それは、大企業の社長が、
30代や20代ばかりだと言うこと。

中国の最先端事業の会社が集まる杭州で、
広いフロアを貸し切り、
バリバリ事業をしているのが
若い人ばかりなんです。。。

経済を牛耳る層、富裕層が、
若年化しているのが、
中国の現状です‼️🇨🇳

起業してたった3年で、
30億の会社にさせる人が
ゴロゴロいるんです。

聞くと…中国では
“年商10億で一人前の社長”
というのが、基準だそうです‼️

日本人が日本だけのパイでビジネスをし、
3年で30億なんて…
よっぽどの逸材しか成し遂げる事など
出来ないでしょう…。

いやぁ…なんだか
正直悔しさいっぱいです。

お隣の中国🇨🇳や、
その先に広がる世界には

巨大なマーケットが
あるのに何やってんだろ?

その中でも、、、
日本人や日本製は重宝され、
我々は本当にラッキーな人種な事を
改めて感じたので、

そこにグイグイ入り込まないと✨

勝手に”参入障壁がある”と
勘違いしていてはもったいないです‼️

誰もやっていないからこそ先駆者となり、
先行者利益が得られますし、

それが可能となる
素晴らしい人脈やパイプを
得る事が出来たので、
来年は本当に面白い1年にしてやります!

04 486x290 - 【中国ツアー】12月アリババの本社へ訪問 〜淘宝網でインタビューを受ける〜